妊娠中の葉酸の摂取

妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもある沿うです。厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も多いと思います。万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、葉酸は自然の食品にも含有しています。例えばほうれん草や肉類、果実等にも多くふくまれています。ですから、サプリによる摂取が無くても普通の食生活を送っていれば、多少は葉酸を摂れていたと思います。不妊の根本的な原因は、排卵障害や着床障害といった女性由来の場合と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性のほうに起因するものが想定されます。更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。男女いっしょに検査をうけると解決への糸口となるでしょう。

出産

葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって最も大切な成分ですが、仮に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。ですから、赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天性の障害などを発症するリスクが高まるという研究結果が報告されました。また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、より積極的な摂取が求められます。近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、お腹の中の赤ちゃんに葉酸が働きかけることで、先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が明らかになりました。その為、母胎の事を考えた葉酸の摂取を厚生省が推奨しているんです。今では葉酸のサプリメント(上手に組み合わせると、相乗効果が得られることもあるようです)や補助食品も多く売られていますし、その内特定保健用食品の認定をうけているものもあり、妊婦が利用する場合も多い沿うなんです。妊婦にとって必要な栄養素はたくさんありますが、沿うしたものをまとめて摂取できる総合サプリの代表的なものは、育児や赤ちゃん製品で有名なピジョンのサプリでしょう。こちらの会社が販売している葉酸サプリには幾つかの種類がありますし、殆どの製品が葉酸だけでなく鉄分やカルシウム、ビタミンといった、妊婦にとって不足しがちな全ての栄養素が一錠にまとめて詰め込まれています。